FC2ブログ

いちじょ~でいえづくり

これから自分の家が建つまでの記録です。 ハウスメーカーは…タイトルでわかりますね(^_^;) えらい借金をして、はたしてどんな家が建つのやら…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、我が家のこだわりでもある防音室について…。
結婚前から、家を建てるときは防音室をつくり、ピアノ教室を開くことが2人の夢だったこともあり、こだわりたい!でもお金が無い…のジレンマでした。防音に関しては監督さんもあまり経験が無い(というか、「標準でもかなり防音ができるので、本格的なホームシアターとかでないと、特別な工事はしない」との事でした)とのことで、専門の業者に相談しようかとも考えたのですが、
・お金が無い
・防音室の外側は1面は幹線道路、1面は4mの道路(その向こうはお向かいさんの駐車場)
との理由で、ネットで色々調べて、自分で仕様を決めていきました。その仕様は…

天井…遮音シート+調湿彫り天 クリスタルトーンシリーズ(RJC-720、RJC-732) 松下電工
壁…遮音下地パネル(VKP211) 松下電工
床…静床ライト(色未定) 日東紡
ドア…防音ドアSⅢA01 DAIKEN
その他…換気扇用防音フード、遮音コンセントBOXカバー、室内の部屋に面する壁にグラスウール、基礎補強

となっています。ただ、窓の部分がいちじょ~さん標準のアルゴンガス充填複層Low-Eガラスなので、防音のカーテンを付けようと考えています。遮音に関しては、標準でも結構性能が良かった(プランナーの方に本社に問い合わせて確認してもらった)ので、遮音シートを壁、天井に張るだけにしました。吸音に関しては、実際にピアノを弾いてみてからちょっとづつ調整していこうと考えています。約55万の追加になりましたが、もともと覚悟していたよりは安かったのでホッとしました。

どんなものになるかは出来上がるまでわからないのでちょっと怖いですけどね(^_^;)
スポンサーサイト
イメージ

外観のイメージです。
大屋根なので、35.5坪という延床面積のわりには大きく見えると思います。小屋裏収納も6畳ほどありますが、2階の床面積はかなり小さくなりました。
外観は、
・大家根が良い
・屋根に谷は作らない(雪が積もる地域なので…)
・1面サービスのレンガの面積を大きく(セコイ(^_^;))
と何度も図面を書いてもらいました。

間取りは、防犯上公開しないほうが良いと他のページで見たので公開はしませんが、
・玄関からリビング、階段が直接見えない
・ピアノ室(将来教室を開く予定)への動線が、プライベートの動線と重ならない
・和室は狭くても欲しい
・風呂は1.25坪で
・キッチンはL型で
・収納を多く
など、予算が少ない中で、結構無茶をお願いしたのですが、ほぼ全て満たすプランを考えてくださったDさんには感謝感謝です。
色も迷ったのですが、明るい感じの色にしました。(完成後の汚れ具合が心配ですが・・・)
家を建てようと思ったのは、2002年頃でした。
自分の住んでいる所は田舎で、マンションもあまり無く自分の家を建てるのが普通の地域です。その頃はチラシにある頭金なし、格安の家で全然OKと考えていたのですが・・・。

webで調べれば調べるほど自分の甘さに打ちひしがれ、展示場を回っては営業攻撃に疲れ、ローンのことも考えずに転職し、あっという間に数年が経っていました。
「いちじょ~」さんに決めた要因は
・木の家(出来れば無垢で)が良かった
・標準の仕様が気に入った
・デザインも夫婦とも気に入っていた
・ピアノを弾くので、標準である程度防音でき、追加費用が少ないところが良かった
などなどいろいろあるのですが、長い間、辛抱強く待ってくださり、色々な情報を提供し続けてくれた営業のKさんに惹かれたのが「いちじょ~」で建てることになった一番の要因かもしれません。
初めて展示場で会った時は、たまたま工場見学会と重なっていて、営業がKさん(実は営業所の店長だった)しかおらず、そのまま担当になってくれました。他のHMでは内装、外観の話から入ってくるのに、Kさんだけは構造、基礎の事から話されていたのを聞き"この人(メーカー)は何か違う"と感じました。また、展示場内の案内の時も「標準の装備は色々あるけど、あまりつける気が無いんだったら、ウチは割高になるよ」とか「ウチは外観が同じようなものが出来る事が多いから、自由度を求めるなら他のメーカーのほうが良いかも」など、決して自分のためにならない事も言ってくれたことが信頼につながりました。

家は今、基礎も始まっていないので、しばらくは昔話が多くなると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。